私はファクトリオへの情熱が燃え尽きたのか

1,500時間プレイ後の苦悩・まだまだ遊ぶはずだったのに

ここへきてファクトリオから遠ざかっている自分がいる。工場作りが上達した訳でもなく、早くなった訳でもなく、MODを制覇した訳でもないのに、まだまだピヨピヨの私がここへきて何も上達してないのにスランプ?に陥っている。

消してはまた作るを6年間繰り返した挙げ句・ちっとも財産が残らないブログ

操作ミスや失敗ならまだしも、一時の感情に任せて丸ごとブログを消すこと4回(くらい?)、気がついたら6年を費やし、収益を上げられるブログをすべて失い、何も残らなかったという現在、今やアドセンスにも再合格できないくらいの寂れっぷりになった我がブログ。

基礎を知らず、我流で個々まで来たものの、それでも、金銭的な「収益」があった時代も。他人にとってはわずかでも、私にとっては自信に繋がったはずがなぜ?

ファクトリオのブログを書こうと決めたはずなのに、肝心なゲームが一向に進まない。それは、ある「事件」から大きく狂っていった。

ファクトリオのマルチが調子悪い⇨サーバーを立てよう⇨上手く行かないぞ⇨ムキになる

⇨そして、一通り立ち上げられるようになった今日このごろ、しかし、結局20日近くも費やし、徹夜でも作業したのに、何ら成果は得られない。いつの間にかlinaxにハマってしまった。技術者からみれば、何も作れないただ操作しただけの簡単な技術、しかし、自分の中ではかなりの達成感だった。

情報を組み合わせ、トライ&エラーを重ね、何度も諦めそうになるも、また眠りながら次を考えて翌日実行する。それを20日間繰り返したのだ。この後、

を書いていこうとするも、需要はあるか未知数で使える情報かも分からず、とりあえず自分なりにまとめて書いてみた。

サーバーを立てるも、1.0.0安定版の登場で終焉を迎えた虚無感

何も残らなかった・・・。次に繋がる技術にならなかった・・・。そう思いたくない!と考え、サーバーに参加する側から立てる側にたとう。そう思ったが・・・この状態に泣かされ、
「だから誰もサーバーお金かけてまで立てないのかな?マルチプレイがそもそも日本人スタイルに合わないのかな?」

そう思うようになった。

自分自身がマルチプレイに合わないのか

<合わない理由>

  1. 人が作った工場が生み出した資源を持っていくのにためらう。
    これができないと、自分で新たな工場を生み出せない、資源は限られている。
  2. 世界は広い!他人のぶっ飛んだ回路設計の上手さに腰が引ける
    自由でいいんだから、と自分に言い聞かせながらも、まるで我が手足のように自由な発想で設計している人々に脱帽。
  3. 世界にアピールしても、JPが疎外感
    世界のサーバーで「立てました」とアピールしても、JP、言葉の壁、様々な壁が襲う。
  4. 結局、「楽しまなきゃ」⇨「上手くならなければならない」という条件をつけてしまい、自由な発想は失われる。
  5. 遊べなくなる。

結局何が言いたいのか

ちょっとした提案で始まり、世界の壁を叩いたものの、凄すぎる技術の圧倒的差に気圧されて嫌になった自分が原因だった。しかし、ある人が言っていた「上手くなったら、皆同じ、似たような設計になって、見てても楽しくない」と。

クズでもいいじゃないか、下手くそでもいいじゃないか、ファクトリオが好きなのは変わりないのだから、今のままでいよう!マルチプレイは需要があれば考えるでいいじゃないか、気が向いたら入ればいいじゃないか。

結局、やるも、やめるも自由。ゲーム自体も変えるのも自由。みなさんも、スランプに入ったら「何が自分にとって核なのか」を考えて自由に楽しんだらいいと思う。

 

おすすめの記事